日本メディカルアロマテラピー協会 埼玉所沢支部校 エタニティ

ティートゥリーの抗菌作用・・・実は、それほど強くなかった

戸谷和恵
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
戸谷和恵
看護師ママが教えるメディカルアロマ教室 エタニティ代表の戸谷和恵(とやかずえ)です。 日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)埼玉 所沢支部校として、認定講座を受講できます。 認定スペシャリスト スペシャルカウンセラー 家族:夫と小学校2年生の息子 北海道出身、血液型O型

こんにちは

 

メディカルアロマスペシャリストの戸谷和恵です。

 

冬の時期になると気になるのが感染症

 

感染症にかからないように、対策を取られていると思うのですがどのようにされていますか?

 

一般的に感染対策で使われる代表の精油のティートゥリー

 

空気中の病原菌を退治するのに、よくティートゥリーの精油を使ってスプレーにしたり、デュフューザーを使って感染対策されている方が多いと思います。

 

メディカルアロマでは、

 

抗菌力を示す

【フェノール係数】

 

で抗菌力を調べるんだけど

 

オレガノやタイムチモールの方が断然強いんですよ。

 

ティートゥリーの精油には、それほど抗菌力が強くありません。

 

ティートゥリーの抗菌作用は、テルピネン−4−olの成分で、モノテルペンアルコール類です。

 

 

モノテルペンアルコールの中で一番強い抗菌作用が

ゲラ二オールでパルマローザの精油に約85%も含有しています。

二番目に強いのが、リナロールです。

 

ラベンダーアングスティフォリアにもリナロールが約35%ほど含有しています。

ローズウッドは、約80%も含有しています。

ティートゥリーは、私が今持っている精油の成分分析表をみると0.06%です。

 

 

抗菌作用と普段使っていない精油の方が、抗菌作用があるんですよ。

 

どうですか?

ちょっと笑っちゃいませんか?

 

 

 

それでは、どういったときに使うかというと

 

ティートゥリーは、感染症にかかったときに免疫促進する作用があるので、体内に取り込んだ方がいい精油なんです。

 

 

免疫を高めて、早く抗体ができるように助ける作用です。

 

だから、スプレーにするのなら

フェノール係数が高い物を使うといいですね。

 

 

 

 

 

メディカルアロマは、学問としてのアロマなのでデータに基づき精油を使っています。

 

メディカルアロマとして精油を使うときは、必ず厚生労働省指定機関による分析表が精油ごとに付いていて、世界で使われている29種類の農薬をチェックし、残留農薬が入っていないことを確認したものを使っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
戸谷和恵
看護師ママが教えるメディカルアロマ教室 エタニティ代表の戸谷和恵(とやかずえ)です。 日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)埼玉 所沢支部校として、認定講座を受講できます。 認定スペシャリスト スペシャルカウンセラー 家族:夫と小学校2年生の息子 北海道出身、血液型O型

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© メディカルアロマ教室  埼玉 所沢  , 2019 All Rights Reserved.